展示会場に出かける前に知っておきたい!?モデルハウス見学のポイントなどを分かりやすく解説します

このサイトでは、展示会場に出かけてモデルハウスを見学する前に押さえておきたいポイントを解説しています。
なんの知識も持たずに出かけても得るものは少ないですし、チェックすべき項目が分からないと家づくりに取り入れた方が良いのかも判断できませんので、必要な知識を身につけましょう。
公開終了後に購入する使い方と家づくりの参考にするという使い方があるためその詳細についても述べていて、オープンハウスとは別物なのかについても説明しています。

展示会場に出かける前に知っておきたい!?モデルハウス見学のポイントなどを分かりやすく解説します

展示会場に出かけてモデルハウスを見学する場合には、事前に見ておくべきポイントを知る必要があります。
まずは各部屋の間取りや配置を確認し、図面で見た時と実際に足を運んだ時の印象が違っていることもあります。
家事動線を確認して普段の生活にマッチしているかも見ておくことが重要であり、キッチンのデザインや設備を確認して使いやすさを考えてみることも大事です。
モデルハウスではトイレ等の水回りを細かく調べることも忘れてはいけません。

注文住宅のときに出かける人が多いモデルハウスとは?

最近は、モデルハウスを見て住宅を建築しようとしている人が多いです。
モデルハウスとは何かと言えば、ハウスメーカーが用意した見本のようなものです。
通常商品を購入する時、現物がなければなかなか購入しにくいでしょう。
ですが、住宅の場合は注文住宅ならばなおさらのこと建築しなければならず、現物を見せるわけにはいきません。
そこで注文住宅を建築する前の段階で、モデルハウスを見ておくことでおおよその特徴が分かるわけです。
モデルハウスの中に入ってみると、実際に使えそうな家具などが置かれています。
この家具はオプションと言われており、住宅を建築したときに一緒にくっついてくるわけではありません。
あくまでもそのハウスの見た目を良くするために、置いてあるだけと考えた方が良いです。
それ以外にも、宿泊体験等ができるケースもあります。
実際にそこで1日宿泊してみて、本当の良さがわかるかもしれません。
逆に、宿泊をしてみたところあまり良くないと感じることもあるかもしれないです。
モデルハウスとは、このように見本の働きがあります。

モデルハウスの見学で家づくりのヒントを貰おう!

モデルハウスはただ見てうっとりするのではなく、家づくりのヒントが貰える絶好の機会になるのではないでしょうか。
一般的にモデルハウスは購入を検討する際に見学を行うものですが、家づくりの為に足を運ぶのもありです。
実際に完成している建物を隅々まで見て回れるチャンスなので、受動的ではなく能動的に見学を行いたいものです。
ヒントを1つでも貰うポイントとしては、家づくりにおいて重視したいところを予め書き出しておき、重点的に見て回るところをリストアップすることです。
またリストを手に順にモデルハウスを見て回りながら、写真を撮ったりメモを取って記録に残すのがおすすめです。
キッチンはどうなっているのか、使いやすさや使い勝手の工夫など、チェックすべきところはいくつもあります。
窓まわりについても、外気が伝わってくるかどうか、直射日光の熱や冷たい空気、騒音が遮られているかなど、体感で確認することも大事だといえるのではないでしょうか。

モデルハウスは住宅展示場や分譲地で見学できる体験型の実物広告

モデルハウスとは住宅展示場な分譲地で見学できる体験型の実物広告ということができます。
ある住宅メーカーが建設した典型的な住戸というか、その会社自身が売りたいとアピールしたいと思っている代表的な家ということもできるでしょう。
会社のアピールという意味で、モデルハウスは広告宣伝の一種です。
もちろん、単なるテレビCMとかチラシなどと決定的に異なるのは、一般の人がその家の内部に入って実際に見学できることにあります。
その住宅メーカーに建築を依頼するとどのような家ができるのか、テイストは自分たちの好みに合っているのかどうかなどを実体験できるわけで、得られる情報は非常に大きなものがありますので、今後実際に住宅を購入しようかと考えている場合には、まずは各メーカーのモデルハウスを訪れることをお勧めします。
複数メーカーでそれぞれ比較検討できるように一か所に集まっているタイプのものもありますので、参考にしやすいかもしれません。

モデルハウスは見学を行った家をそのまま買うこともできる?

住宅展示場や分譲地に建てられているモデルハウスは、見学に行った際に気に入ればそのまま購入することも可能です。
モデルハウスは、実際に住むイメージが膨らみやすく見学者に人気が高いので場合によっては、抽選で買うことになるかもしれません。
決断したらいち早く担当者に相談してみるとよいでしょう。
また、モデルハウスは基本的に、建設してから時間が経過しているものが多いことやたくさんの人が家を見学することにより、少しの傷や汚れ、劣化などが見られることもあります。
あとで後悔をしないように、その点に関して、ある程度納得するうえで購入を考えておくことが大切になります。
メーカーによっては、モデルハウスの宿泊体験を実施しているところもあります。
実際に数日間でも夫婦や家族で生活してみることで、生活動線の使いやすさや過ごしやすさを実感できます。
購入を考えている方は、一度、そういった体験が可能かどうか聞いてみるとよいでしょう。

著者:角川恵

筆者プロフィール

静岡県掛川市生まれ。大学卒業後ハウスメーカーに就職。問い合わせの多いモデルハウスについて記事をまとめました。
掛川市 モデルハウス